VMWare ESXi5.0 + FreeNAS7 NFS & iSCSI

FreeNAS7上に構築したNFSとiSCSIをESXi5.0で使用するメモ。

iSCSIの場合

vSphere Clientの該当ESXiインベントリから「構成」タブを選択し、「ストレージアダプタ」をクリックする。

「追加」をクリックするか、右ボタンクリックでメニューが表示される。

「ソフトウェア iSCSI アダプタの追加」をクリック。

「ソフトウェア iSCSI アダプタ」が表示されたら「OK」ボタンをクリック。

ストレージアダプタに「iSCSI Software Adapter」が追加される。

追加された「iSCSI Software Adapter」を選択して右クリックすると

メニューが表示されるので「プロパティ」を選択。

「iSCSI イニシエータ(デバイス名)プロパティ」が表示されたら「動的検出」タブをクリックし、下部にある「追加」ボタンをクリックする。

「ターゲット送信サーバの追加」が表示されたら「iSCSIサーバ」欄にFreeNASのIPアドレスを入力。「ポート」欄はデフォルトのままで「OK」ボタンをクリックする。

※但し、該当ターゲットが使用しているポータルグループでIPアドレスやポート番号を変更している場合は、それに合わせること。

「iSCSI イニシエータ(デバイス名)プロパティ」に戻ると、先程追加した情報が「iSCSIサーバの場所」へ追加されているので、確認後「閉じる」ボタンをクリックする。

「再スキャン」が表示されるので「はい」ボタンをクリック。

再スキャンが終了すると「詳細」にFreeNAS上のターゲットが一覧表示される。

iSCSIターゲットをデータストアとして利用する

vSphere Clientの該当ESXiインベントリから「構成」タブを選択し、「ストレージ」をクリックする。

「データストア」が表示されたら「ストレージの追加」をクリック。

「ストレージタイプの選択」が表示されたら「ディスク/LUM」にチェックを入れ、「次へ」ボタンをクリック。

「ディスク又はLUMの選択」では、一覧の中に使用可能なターゲットが表示されているので、該当するLUNを選択後「次へ」ボタンをクリックする。

「ファイルシステムのバージョン」を選択。基本的にデフォルト(VMFS-5)で構わないので「次へ」ボタンをクリックする。

「現在のレイアウト」が表示されたら「次へ」ボタンをクリック。

「プロパティ」が表示されたら「データストア名を入力」欄にデータストア名を設定(適宜)し「次へ」ボタンをクリック。

「ディスク/LUM – フォーマット化」が表示されたら、容量を選択し「次へ」ボタンをクリック。

「終了準備の完了」が表示されたら、内容を確認して「終了」ボタンをクリックする。

追加したiSCSIのデータストアが一覧に表示されれば作業完了。

後は他のデータストア同様に使用できる。

NFSをデータストアとして使用する場合

vSphere Clientの該当ESXiインベントリから「構成」タブを選択し、「ストレージ」をクリックする。

「データストア」が表示されたら「ストレージの追加」をクリック。

「ストレージタイプの選択」が表示されたら「ネットワークファイルシステム」にチェックを入れ、「次へ」ボタンをクリック。

「ネットワークファイルシステムの場所」が表示されたら

  • サーバ
    FreeNASのIPアドレスを入力
  • フォルダ
    FreeNASのNFS設定で共有しているディスクのマウント位置を入力
  • データストア名
    適宜入力。

を設定し「次へ」ボタンをクリック。

「ネットワークファイルシステム」が表示されたら、内容を確認して「終了」ボタンをクリック。

追加したNFSのデータストアが一覧に表示されれば作業完了。

後は他のデータストア同様に使用できる。

仮想マシンでの利用

仮想マシンで明示的に利用する場合、カスタムで仮想マシンを作成する。

「ディスクの作成」時に「場所」欄の「データストアまたはデータストアクラスターの指定」にチェックを入れ、「参照」ボタンをクリックする。

「データストアまたはデータストアクラスターの選択」が表示され、一覧の中から該当データストアを選択後「OK」ボタンをクリックする。

以降仮想マシンの作成を継続する。

エクステントがファイルタイプのiSCSIターゲット

ファイルタイプのエクステントを持つiSCSIターゲットは、ESXiではデータストアとして使用できないらしい。

但し、仮想マシンのディスクとしては利用可能なので、その方法をメモしておく。

訂正

20GBで切ったつもりが20MBになっていました。申し訳ありません。

aoyamaさんのご指摘の通り、ファイルタイプの場合は一定以上の容量を確保していないと、データストア作成時のリストに表示されないようです。

20GBで切りなおして確認したところ、ファイルタイプでもデータストアのリストに表示される事を確認しました。

aoyamaさんに感謝申し上げると共に、謹んで訂正させて頂きます。

iSCSIターゲットを仮想マシンのディスクとして使用する

まず、仮想マシン作成時にカスタムで作成する。

「ディスクの選択」で「Rowデバイスのマッピング」にチェックを入れ「次へ」ボタンをクリックする。

「RawLUNの選択および構成」が表示されたら、一覧表示の中にある該当ターゲットを選択後「次へ」ボタンをクリック。

「データストアの選択」ではLUNマッピングをどのデータストアに格納するか指定する。

  • 仮想マシンとともに格納
    LUNマッピングを仮想マシンの各情報が格納されるデータストアに保存する。
  • データストアを指定
    他のデータストアにLUNマッピングを格納する。

指定したら「次へ」ボタンをクリックする。

「互換モードの選択」では仮想ディスクに対するモードを指定する。

  • 物理
    ディスクに対して直接アクセスする方式。スナップショット等の適用範囲外となる。
  • 仮想
    スナップショットの対象に含める場合に選択。

設定後「次へ」ボタンをクリックして仮想マシンの作成を継続する。


VMWare ESXi5.0 + FreeNAS7 NFS & iSCSI への4件のフィードバック

  • aoyama のコメント:

    たぶんデータストアとして必要な最少サイズになっていないから
    リストに出てこないと思いますが確証はないです。
    10GBのファイルでやってもダメならきっとバグです。

  • むくた のコメント:

    aoyamaさん

    度々すみません(^^;。

    タイプをファイルとした時の容量は20GBを指定しましたが、
    リストには出てきませんでした。
    そういうものだと勝手に思っていたのですが、本来はリストに
    出てくるべきものなんでしょうか?。

  • むくた のコメント:

    20GB確保したつもりが、キャプチャを見直したら20MBしか
    確保していなかったような感じです。

    後程再確認してみます。

  • むくた のコメント:

    aoyamaさん

    ご指摘の通り容量不足だったようです。ご指摘ありがとうございます。
    記事の方は修正しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

アーカイブ
カテゴリー