Android SDK – Android SDK r15

Android SDKをアップデートしようかと思ったら、また若干変わっていたのでメモ。

こまめに上げているわけではないので、何時からそうなのか分からないけれど、少なくてもr15ではSDKマネージャとAVDマネージャが別々になったらしい。

そういう絡み(特に理由はないのだけれども)があるので、今回はWindows7にSDKのアーカイブを落としてきて、インストール→Eclipse側のアップデートと言うやり方。

SDKの適用

何時ものように「android developers」の「Download the android SDK」から「android-sdk_r15-windows.zip」を取得、Cドライブ直下に「android-sdk-windows」フォルダを展開。

android-sdk-windowsフォルダの中に「SDK Manager.exe」が有るのでこれを実行する。

「Abdroid SDK Manager」が起動したら「Packages」のリストの中から導入したいSDKにチェックを入れる。

初期状態だとTools・Android 4.0・Extras – Google USB Driver packageにチェックが入っているが、基本的に全てにチェックを入れればOK。

但し、APIによっては某国メーカ製タブレット用パッケージとか、おおよそ使わないSDK(というか、それ専用のアプリを開発するなら必要なのだろうけれど)が含まれる場合があるので、そういうのは外しておくべきだろう。(大抵ダウンロードにやたらと時間が掛かる。)

上記は2.2用のAPIツリーを展開した場合。

  • Dual Screen APIs by KYOCERA Corporation
  • Real 3D by LGE
  • GALAXY Tab by Samsung Electronics

辺りはチェックを外して構わない。(っていうかさ、こういうのは標準SDKから外して欲しい様な気がするのだけれど)

インストールしたいパッケージにチェックを入れたら、ウィンドウ下部にある「Install xx packeages」ボタンをクリックする。

「Choose Packages to Install」が表示されたら「Accept All」にチェックを入れ、「Inatsll」ボタンをクリックする。

インストールが始まると

「Android SDK Manager Log」が表示される。このウィンドウは閉じても構わない。

Android SDK Manager側にも

のように進捗が表示される。

最後の方で

「ADB Restart」が表示され、「ADBが更新されたのでADBを再起動しても良いか」と聞かれるので、「Yes」ボタンをクリック。

ADBが再起動されると「Android SDK Manager Log」が再表示される。「ADB: * daemon started successfully *」の表示がある事を確認する。

インストールが終了すると「Android SDK Manager」にインストール状況が表示される。

場合によってはインストールされていないAdd Onが有るのでチェックする。

※おいらは使わないものばっかりなのでスルー。

ちなみに、この状態でインストール容量は約3.5GB程度なので、開発環境が(´・ω・`)な場合は1系列と2系列のみを入れる等、考慮したほうが良いだろう。

Windowsの環境変数設定

Windows7側の環境変数を修正する。

環境変数の設定は「コンピュータのプロパティ」から「詳細設定」タブにある「環境変数」ボタンをクリックして「環境変数」ウィンドウを表示させ、「システム環境変数」側を編集する。

自環境では

  • ANDROID_HOME – Android SDKフォルダ
  • ANDROID_ADB – ADB.exeのあるフォルダ
  • ANDROID_TOOLS – toolsフォルダ

を別途環境変数として設定し、環境変数「PATH」に

;%ANDROID_HOME%;%ADB_HOME%;%ANDROID_TOOLS%

と追記してある。

内容はこんな感じ。

adbやUSBドライバを使用するだけならここまでの手順で導入終了。

ちなみに、USBドライバはSDKの「extras\google\usb_driver」フォルダに展開されているはず。

メーカ別のOEM版USBドライバが欲しい場合は「Android Developer」の「OEM USB Drivers」に各メーカサイトへのリンクがあるので、リンク先から情報を収集すると良いかもしれない。

Eclipse側の更新

少し面倒。

とりあえず、Eclipseを起動して「ヘルプ」→「更新の確認」を実行。

「使用可能な更新 – 更新の詳細」が表示されたら「次へ」ボタンをクリック。

「使用可能な更新 – ライセンスのレビュー」が表示されたら「使用条件の条項に同意します」にチェックを入れ、「完了」ボタンをクリックすると更新開始。

更新の状況はEclipse上に表示される。

更新時に「セキュリティ警告」が表示されたら「詳細」ボタンをクリック。

警告の内容を確認したら「OK」ボタンをクリック。

証明書云々と表示された場合は、内容をよく読んだ上で該当の証明書にチェックを入れてから「OK」ボタンをクリック。

更新が終わるとEclipseを再起動するか聞かれるので、「はい」ボタンをクリック。

Eclipseが再起動したら「ウィンドウ」→「設定」を選択して

「設定」ウィンドウを表示させる。

リストにある「Android」を選択。

エラーが出た場合はとりあえず「OK」ボタンをクリック。

「Android設定」の「SDKロケーション」を修正後、Eclipseを終了する。

Eclipseの再起動

ワークスペースとして使用しているフォルダ内の「.metadata」フォルダを削除する。

※注意
.metadataフォルダを削除すると、Eclipse上に登録されているプロジェクトが消えてしまう(プロジェクト本体は残っている)ので注意する事。

.metadataフォルダ削除後、コマンドプロンプトを起動し、”-clean”オプション付きでEclipseを起動する。

Eclipseが起動すると「Welcome to Android Deveropment」が表示されるので、「Using existing SDKs」にチェックを入れ、「Existing Location」に展開済みのSDKのフォルダを指定する。

起動後、Eclipseのツールバーに上記のようなアイコンが表示されていれば更新終了。(左がSDKマネージャ、右がAVDマネージャが起動する)

補足

プラグイン更新後の「設定」部分は必要ないのかもしれない。

おまけ

Eclipseは3.5(Galileo)だったのだけれど、3.7(Indigo)を試してみた。

使用したのは「MergeDoc Project」さんの「日本語 Eclipse / Pleiades All in One 日本語ディストリビューション」。

自環境ではJRE等をインストールしてある(というかGalileoが動いていた環境)ので、「pleiades-e3.7-ultimate_20110924.zip」を取得、適当な場所に展開した。

すっぴんのWindows環境ならJRE同梱版を導入しても良いのだろけれど、JRE同梱版はMinGWとかXAMMPが同梱されているようなので、Android開発だけならJREは別途導入することにしてJRE無し版を選択することをお勧めする。(JRE同梱版ならJava版という選択もあるだろうけれど、とむねこも必要無いだろうし。)

※JREのインストールとかは「Windows7 に Android 開発環境を構築する」辺りを参照。

「Plaeiades All in One – Indigo」の起動画面。

Eclipseが起動したらADT(Android Development Tools)を導入する為に、メニューバーにある「ヘルプ」から「新規ソフトウェアのインストール」を選択。

※この辺は「Android Developers」の「ADT Plugin for Eclipse」を参照。

「インストール」が表示されたら「作業対象」欄に「https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/」と入力して直ぐ横の「追加」ボタンをクリック。

「リポジトリーの追加」が表示されたら「名前」欄に「Android Development Tools」のように適宜入力して「OK」ボタンをクリック。

「使用可能なソフトウェア」が表示されたら「次へ」ボタンをクリック。

「インストール詳細」が表示されたら「次へ」ボタンをクリック。

「ライセンスのレビュー」が表示されたら「使用条件の条項に同意します」にチェックを入れて「完了」ボタンをクリック。

「セキュリティー警告」が表示されたら「詳細」ボタンをクリックして

内容を確認してから「OK」ボタンをクリック。

「ソフトウェア更新」が表示されてEclipseの再起動を求められたら、「今すぐ再始動」ボタンをクリックしてEclipseを再起動する。

SDK回りの設定は引き継がれたようなので特に必要なしだった。

一応IndigoにADTを導入した後のInfo。

少し弄ってみたけれど、今のところ特に問題なし。


Android SDK – Android SDK r15 への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

アーカイブ
カテゴリー