Windows8へのNEC MultiWriter5750C PR-L5750Cのドライバ適用。

Windows8へMultiWriter5750Cのドライバを適用するメモ。

WindowsXPとWindows7の場合は「NEC MultiWriter 5750C PR-L5750Cのドライバ。」を参照。

NECのサイトからWindows8対応ドライバをダウンロードします。

ダウンロード- ページプリンタ- プリンタ- 周辺機器・専用端末- 製品  NEC

現時点で入手できたドライバのアーカイブファイルは「5750chb12113ja.exe」となっています。自己展開型となっていますので、該当ファイルを実行することで、フォルダ付きで展開されます。

WS000000

コントロールパネルを開き、「デバイスとプリンター」をクリック。

WS000001

プリンタ自体は既に認識されているはずなので、該当プリンタのアイコンを右クリック。

WS000003

メニューから「プロパティ」をクリック。

WS000004

プロパティが開いたら「ハードウェア」タブを選択。

WS000005

「デバイスの機能の要約」にある「プロパティ」ボタンをクリック。

WS000006

「NEC MultiWriter 5750Cのプロパティ」が表示されたら、「ドライバー」タブを選択。

WS000007

「ドライバーの更新(P)」ボタンをクリックすると、ドライバー更新に移ります。

WS000008

「コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します(R)」をクリック。

WS000009

「参照」ボタンをクリックして、先程展開したドライバフォルダを指定します。OSの種別毎にフォルダ分けされているので、32bit版なら「Win_2000XP」フォルダ、64bit版なら「Win_x64」フォルダを指定します。

指定後「次へ」ボタンをクリック。

WS000010

ハードウェアの選択を行います。

「NEC MultiWriter 5750C」を選択してから「次へ」ボタンをクリック。

WS000011

ドライバーがインストールされます。

WS000013

「Windowsセキュリティ」が表示されます。

署名が富士ゼロックスになっていますが、OEMなので問題ありませんので、「インストール」ボタンをクリック。

WS000014

ドライバのインストールが完了しました。

WS000015

ドライバ適用後のプロパティはこんな感じになります。

後はテスト印字をして正しく印刷されればドライバーの適用は完了です。

[[amazon2][B001M5PF2U][B001M5PF3E][B000ZHTZCC]]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

アーカイブ
カテゴリー