VMWare ESXi 5.0 のインストール。

無償版ライセンスキーが取得できてやる気が起きたので、インストール手順をキャプチャしてみた。

使用したESXiのインストーラは「VMware-VMvisor-Installer-5.0.0-469512.x86_64.iso」。

このインストーラは中にddのイメージが無いため、取り出してUSBメモリに直接書き込む事が出来ない。

ただ、ESXi5ではドライバが随分とまともになったようで、うちにある

  • ML115 G1
  • ASRock 890GX Extream4
  • Gigabyte GA-MA78GPM-DS2H

において、ISOイメージをCDに焼いた物で確認してみたが、何れもHDDを認識するため、USBメモリにインストールしないと駄目と言う事も無いようだ。

残念な事に、FOXCONN A9DAはオンボードNICのAR8131が認識できないため、インストーラが停止した。

当然、M/BがUSBメモリをHDDとして扱える物であれば、インストール先にUSBメモリを指定する事で難なく導入する事も可能。

今回はASRock 890GX Extream4にKingstoneのDataTraveler G3(2GのUSBメモリ)をセットして、そこにESXi5.0を導入する。

ちなみに、A-DATA社製USBメモリ(my flashと書かれた1Gのもの)にインストールした場合、インストール後の起動で

のようなエラーが表示された。

容量の問題なのかUSBメモリ自体の問題なのか不明だが、インストールがNGとなるUSBメモリも存在するようなので、駄目な場合は他のUSBメモリで試して欲しい。

インストーラ「VMware-VMvisor-Installer-5.0.0-469512.x86_64.iso」は、予めVMWare社のダウンロードセンターから取得してCDに焼いておく。

ESXiのインストーラが起動すると

Welcomeメッセージが表示される。インストールを継続するのであれば「Enter」キーを押す。

エンドユーザライセンス許諾(EULA)が表示されるので、同意できるのであれば「F11」キーを押してインストールを継続する。

インストール先を検索中。

インストール先が見つかると「Select a Disk to Install or Upgrade」が表示される。インストール先が複数ある場合はカーソルキーで何れかを選択(黄色で表示されているデバイスが選択中)する。

今回はKingstoneのDataTraveler G3にインストールするため、「Kingstone DataTraveler G3~」を選択して「Enter」キーを押す。

インストール先を確認中。

もしもインストール先にESXiが既にインストールされている場合は「ESXi Found」と表示される。

この場合、新規インストールを行うか、既存のESXiをアップデートするかを選択することが出来る。

上記は5.0をインストールしているUSBメモリに再度インストールしたときの物で、ESXi4.1がインストールされたUSBメモリの場合は

のようにマイグレーションするかどうかを聞かれた。

Warningが表示されたがそのまま継続してみると

一応マイグレーションは完了した。

しかし、そのUSBメモリで起動をしてみると

と怒られた。

所詮USBメモリにはESXiのシステムしか入っていないので、今回はそのまま「Install」を選択して「Enter」キーを押した。

※パーティション構成等も変わっているので、データストアと同一のHDDにインストールしてある場合は注意が必要かもしれない。(そういう環境が無いので確認できず。)

「Please select a keyboard layout」が表示されたら、インストールするマシンのキーボードに合わせて選択する。日本語106キーであれば「Japanese」を選択(カーソルキーで上下移動)して「Enter」キーを押す。

「Please enter a root password~」が表示されたら、このESXiにアクセスするためのパスワードを設定後「Enter」キーを押す。

最終確認として「Confirm Install」が表示される。インストールしてよければ「F11」キーを押す。

インストール開始。

「Installation Complete」が表示されればインストールは終了。「Enter」キーを押すと

と表示されて、CDドライブのトレイがイジェクトされる。メディアを取り出して暫く待つとRebootが掛かる。

890GX Extream4上のUSBメモリからESXi5.0が起動した。

M/Bが認識できればM/B名称が表示されるが、890GX ExtreamはO.E.M扱いとなる。

890GX Extream4にはネットワークチップとしてRealtekの8111が搭載されているが、これまでのESXiでは蟹チップはサポート対象外のため認識しなかった。

ESXi5ではこれまでと違い、上記の通りネットワークチップを認識しており、DHCPでIPアドレスが割り当てられている。これだけでもビバ!5.0な訳だ。

サーバのIPアドレスが変わってしまうとvSphere Clientからアクセスするのに都合が悪いため、インストール後は最低限、この設定を変えておくことをお勧めする。

設定変更を行うには、はESXi上で「F2」キーを押す。

ログイン画面になるので、ログイン名はそのまま「root」、パスワードはインストール時に設定したパスワードを入力して「Enter」キーを押す。

ログインすると設定メニューが表示される。

この中に「Configure Management Network」という項目があるのでカーソルキーを使用して選択後「Enter」キーを押す。


「Configure Management Network」メニューが表示されたら、今度は「Network Adapters」をカーソルキーを使用して選択後「Enter」キーを押す。

現在のネットワーク情報が表示される。

初期状態は「Use dynamic IP address and network configuration」にチェックが入っているはずだ。

カーソルキーを使用して「Set static IP adress and network configuration」を選択してスペースキーを押す。これで、該当ネットワークには固定のIPを割り振る事が可能となるので、「IP Address」・「Subnet Mask」・「Default Gateway」の各情報をセット後、「Enter」キーを押す。

再び「Configure Management Network」メニューが表示されたら「Esc」キーを押して「Configure Management Network」メニューを抜ける。

この時

のように表示される。

これは、先程の設定を反映するかどうかの問いなので、「Y」キーを押して設定を反映させること。

再度設定メニューが表示されたら「Esc」キーを押してESXiの設定を終了する。

ESXiの画面に戻ると、先程設定した内容が表示されている。

後は、vSphere Clientkからアクセスしてアクティベートして終わり。


VMWare ESXi 5.0 のインストール。 への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

アーカイブ
カテゴリー