3年目の次の日。

メディアの皆様はずいぶんと村井宮城県知事と腐して頂いたようで。

特に10日の某タックルなんかは酷すぎますな。

安倍総理や村井知事を叩きたいだけなのかもしれませんが、ああいう人達を出演させてさも総意のような発言をさせることに対して反吐が出ますよ。

ああ言うのは盛りすぎて困る事は無いのでして、それは女川原発と福島第一原発を比較すれば一目瞭然な訳です。予想より盛って助かったのが女川、甘く見てしくじったのが福島第一。

三陸と言う所は昔から津波の被害があった地域で、ここまで浸水したからこれより下に家を建てるなとの言い伝えがあった場所も多いと聞きます。揺れたらすぐに逃げろとかね、それはそれは何度も苦渋を味わってきた場所なはずなのですけれども。

それが、海が遠いと面倒だとかでなぁなぁになって、昔の浸水域にも家が建つようになったとか、大丈夫だとかで避難せずに亡くなったとか。高台移転して人が住まないと言っても、工場等はその限りではないし、一旦は逃げたけれども残された人がいないかどうか確認をしに行って亡くなられたとか。

喉元過ぎればなんとかで、人間なんてそんなものですからね。でも、喉元過ぎてって言うのは悪い事ではないんですよ。風化する事だって悪い事じゃないです。それだけ平常に戻りつつあると言う事でもありますから。

でもね、繰り返さないのであれば、そういう状況にならないように手を打っておくべきなのであって、津波を防ぐ事に重点を置くと言う考えは至極全うに思えるのですが。

人が住まないところに三重の防波堤ってのも、実際にどこなのか判らないのであれですけれども、仙台の東側に東部自動車道というのがありまして、自動車専用道ですから盛り土の上に作られているのですが、防波堤の役目を果たしたと言う事で減災と言う観点で評価されています。実際、震災後1ヶ月頃に実際に現地を見てみましたが、道路の東側と西側では全く状況が違う訳ですよ。

あわせて、三陸なんて道路が寸断されるとにっちもさっちも行かないなんてのが結構ありますから、道路を盛り土することで道路の保全+防波堤代わりなんて考え方もあるのですな。

件の場所は海がすぐそばだから道路を守るために海側に防波堤で、二重になる事は十分に想定される話。内陸側の3つ目の防波堤はどうしてかは判断が付きかねますけれども、奥に平地が広がっていて浸水すると被害が大きいと予想されるならば、これだってありなわけで。

ピンポイントの画像だけを見せてフンガーしていましたけれども、上記のような想像をする事だって出来るのですから、本当に嫌らしいったらありゃしない。

大川地区の話だってそう。

お得意の数字マジックの話まで持ち出す始末。それなら、内閣支持率の時もそういう話をしてみろって言うんですよ。

土地の復旧反対は総論なんて論調に持って行きたかったようですけれども、そもそも大川地区では営農再開に向けて頑張っている方もいらっしゃいます。そういうことを全く伝えずに、塩害で大変だー、農業は止めるから国で買えとか、馬鹿かと思うですよ。挙句に公共工事がしたいだけだろうとか。ソーラー発電所でもといったところで、元に戻さなきゃ話にならないでしょ。

1000年も経てば隆起して元に戻るだろうから、県も放っておけば良いのにとか思ったのですけれどもね。

あそこはもう河口ですぐに外海になっていますから、台風でも来た日には波がばっしゃんばっしゃん。放っておいたらえらい事になる訳で、なんにしてもああいう工事はしないといけないのですな。国が買っても同じ事なんですよ。営農を希望される方もいらっしゃるのですし。

そういうのに乗っかって「フンガー」していた和田議員。

民主党小西議員ばりに国会質疑で「フンガー」するかと思いきや、なんだか無難な質疑(県を悪者にするのだけはしっかりやっていたようですけれども)。ちゃんと大川の総意とやらも突っ込んで質疑してくださいよー。

# 関係ないけれども、小西せんせーったら安倍総理にたしなめられてぷるぷるしてましたな。面白かったですなぁ。

秋葉議員もね、もう少ししっかり言ってやって頂きたいものですな。そもそも、宮城二区(うちの選挙区(^^;)のせんせーなのですから、少しぐらいきつい事言っても良いと思いますですよ。

# まぁ、言い過ぎると小野寺防衛相の立場がなくなるのであれですが。

TV繋がりで、先週のクローズアップ現代。

再生可能エネルギーが普及しないとフンガーしていましたけれどもね。損になる事はしたくないって言うから普及しないのでして。

全量買って貰えないとか嘆いていましたけれども、ちゃんと買ってもらえる方法があるんですよ。それはね、契約した発電量を何時如何なる時も供給する事を確約する事。そうすれば、電力会社だって受給の見通しが立ちますから、拒否は出来ないはずですよ。

当然、太陽光や風力なんかは発電しない時間がありますけれども、そういうのは事業者が火力発電所でも作れば良いだけの話です(笑)。

六ヶ所の風力発電だってね、上北変電所は一次変電所で幹線も通っていますし、キャパシティがあるからそこでなら受け入れ可能と言っているのにもかかわらず、送電線を作ると損するからと言う事で嫌だとか。北本連携だって、そこだけ強化したって意味がないんですよ。北海道・東北の両電力会社の設備次第でありまして。

送電線は金食い虫ですしね。土地や鉄塔自体の固定資産税とか、よそ様の土地の上を送電線が通る場合は、何かしらのお金を払わないといけないらしいですし、経年劣化すれば建替えや張替えで、基本的にお金を生む事は無いですからね。

んでも、そういうのは国とか電力会社任せって話なんですから、困ったものですよ。

まぁ、再生可能エネルギーなんてそんなものですよ。有難がるようなものではないつー事で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

アーカイブ
カテゴリー